真っ直線で行こう!

アニメと映画とホームシアターを愛する「のっち」の日々徒然。
真っ直線で行こう! TOP  >  一般家電

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

のっちと洗濯機の異常

 ようやく一区切り着いたと昨日の記事で書いたばかりでしたが、その裏でちょっとした異常が起こっていました。新しい洗濯機。
 ちょうど記事を書き終え、これからアップロードと言った矢先、何やら洗濯機の残り時間カウントが減らない、という報告が。
 見に行ってみると、洗濯、すすぎは終了。その先の脱水に進もうとしたところで、洗濯機からおかしな音が聞こえ、そこから先へ進めなくなっていました。
 何度かリセットし、もう一度脱水の設定をしてやり直しても症状は変わりません。……一体どういう事?

スポンサーサイト

のっちと洗濯機の再設置

IMG_0232
 許容範囲での水平が取れ、なんとか作業は終了。
 昨日の記事で書いた洗濯機について、気になる部分を修正が終了しました。
IMG_0233
 仕上がりはこんな感じで、昨日の画像を見比べてもかなりスマートに収まっていると思います。
 ある程度見た目が良ければ使いやすさも付いて来るもので、実用性が生み出す美しさやスマートさの片鱗がチョコッとだけ感じられる瞬間です。

のっちとドラム型洗濯機

 以前に洗濯機が新しくなったことを書いたのですが、アップロードをせず下書きのまま消してしまったので改めて。
 導入してから1ヶ月ほどの時間が経過しています。いまだ慣れていないというか馴染んでいない印象が否めない新しい洗濯機。
IMG_0221
 従来の縦型に対し、新型はドラム型です。省エネで2年も使えば縦型洗濯機との価格差が埋められるほどだそうで。
 機種は日立のBD-V3400。家電量販店向けに省エネ機能を省いて低価格化を図ったモデル。カタログには載っていないというちょっと特殊なモデルです。
 使った限りでは全てがほぼお任せで、振動は大きい物の作動音はそれほど大きくなく、印象は悪くありません。ただ今まで使っていた縦型と比べると図体が大きいために色々と気になる点も。

のっちとロータリースイッチの異常

「再び老朽化」by のっち
徐々にガタが出て来ましたね、今の家。

夕方の事、テレビを見ている時にいきなりリビングのライトが消えました
最初は電球が切れたものと思って、予備の電球と交換してみたのですが、全く反応無し。
念のため、もう一つの電球とも交換してみましたが、そちらも反応無し。
そして元のブレーカーが落ちているのかと確認してみましたが、そちらも問題ありませんでした。
それ以前に、リビングのライトが全て消えているわけではないので、プレーカーは落ちているわけがなかったのです。

のっちと今冬の商品商略

「各社の盛衰を見極める上で重要な冬」by のっち
おそらく今後の5年、10年を占う意味でとても重要です。

年末に近づくに従い、1年でも最も目玉となる商品が登場する時期になりました。
僕が専門とするオーディオ関連、デジタル関連でもこの時期を狙って大物の商品が登場します。
来年以降の各社の動向や、今後の方向性を決める意味でも、この時期に登場する製品は特に重要です。
僕の記憶する限り、業界でも特に名機として愛されている機種の多くはこの時期に登場しています。

のっちと新型KURO-VIERA

「キーはKUROの技術者です」(by ビックカメラ販売員)
思わず納得してしまいました。

一昨日、今日とたまたま連続して地元のビックカメラへ立ち寄る予定があったので、見てきました。話題の新型ビエラ
2月9日に発表があり、発売日は3月5日。
気になっては居たんですが、中々見る機会が無く、悶々としていました。
今回は偶然ながら、それを見る機会に恵まれたので、ファースト・インプレッションです。

のっちと話題のLED電球(E17口金式)

「微妙に暗い?」(by のっち)
スペック上は同等なんですけどね。

つい先日、ダイニングの電球が切れ、ちょうど換えの電球も切れていると言う事で、トト様が東芝のLED電球を購入してきました。

E17と言われる小型の電球(ウチではミニクリプトン球)に合わせたE-COREシリーズのLED電球「LDA3N-E17」です。
色は昼白色と呼ばれる、蛍光灯よりも少しオフホワイトの色合いの物です。
トト様によるたまたまこの在庫しか無かったとの事ですが、それだけ電球色が売れてるのかしら?
そう言えば、シャープが発売しているLED電球は余りの人気のために、登場時に在庫が無く、どこへ行っても入荷待ちという状況が続いてましたね。

のっちとアンバランスな薄型テレビ

「画質に相反する音質」(by のっち)
せっかくの感動体験が阻害されているような。

店頭では薄型TV一色となり、解像度もフルHDが当たり前になりつつあります。
超解像技術や4倍速表示などの高画質化技術に加え、最近で特に薄型化とエコに開発力が注力されています。
ほんの1年前の製品と比べても現在の薄型TVは信じられないほどの高画質を実現しています。
しかも更なる高画質化を望める技術も既に発表されており、まだまだ薄型TVの画質は良くなっていくようです。

FC2カウンター
月別アーカイブ
01  08  06  05  04  03  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  01  12  11  10  09 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。