真っ直線で行こう!

アニメと映画とホームシアターを愛する「のっち」の日々徒然。
真っ直線で行こう! TOP  >  2010年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

のっちと3D対応プロジェクター試聴会

「3D時代に完成した2Dの画質」by のっち
今回のプロジェクターの2D画質はいよいよ3管を脅かします。

今日は、秋葉原はアバックにて開催された、三菱の3D対応SXRDプロジェクターの試聴会へ参加してきました。
解説、司会進行はいつものように、評論家の堀切さんと三菱のSさんでした。
この布陣は今も昔も変わらないようですね。
とにもかくにも繋ぎが上手いため、聞いていて飽きません。

スポンサーサイト

のっちと映画化に思うこと

「映画化の狙いの先は?」by のっち
やはりまだパッケージなのでしょうか。

つい先程の事ですが、Twitter上のTLに「ストライクウィッチーズ」の映画化という情報が流れてきました。
正直、ファンの誰かが流したガセではないかと思ったのですが、ソースはどうやら元に近い所からのようです。
第3期を望む声は当然のようにあったと思いますが、映画化というのは想像の斜め上を行っていました。
普通に考えればTVアニメの上位企画というとOVAが大抵ですものね。

のっちと冬コミの当落

「貴サークルは、金曜日 西地区“て”ブロック-05a に配置されました」From 当落情報検索システム
今回もお世話になります。

今日の夕方、やっと冬コミの当落がネット上で発表されました。
あらかじめサービスに登録していたこともあり、メールの受信にて確認出来ました。
以前はこちらから問い合わせをしなければなりませんでしたが、今は向こうから情報が自動的に配信されるので便利ですね。
気になる当落は、当選と落選の両方でした。

[ 2010/10/29 14:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

のっちと「バック・トゥ・ザ・フューチャー」BD-BOX

 

「こいつは事だ!」by ドク・エメット・ブラウン From 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
当時はドクのような科学者になりたいと思っていました。

予想外に早い登場となりました。
映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」3部作を収録したBD-BOXです。


img5288
DVD時代は特にこうしたドル箱とも言える作品は中々登場しませんでしたが、BDはポテンシャルが高いお陰か、比較的早い段階でカタログタイトル(旧作)が登場しています。
「インディ・ジョーンズ」シリーズや「スターウォーズ」シリーズも既にBD化の予定がありますし、ジェームズ・キャメロン監督の作品(特にアビス)も期待してしまいます。

のっちと急速な冬

「あなたはその時どこにいますか」by 映画「デイ・アフター・トゥモロー」キャッチコピー
あれは映画なりの演出ですが、1度の平均気温変化でも自然では大変な事。

これを書いている現在、外の気温は9度だそうです。
昼間も日差しがあったのにほとんど暖かさは感じられず、風の冷たいこと。
北海道でも雪が11cmほど積もったそうで、紅葉と雪が同時に見られるという不思議な現象に陥っているようです。
地元の人の感覚では1ヶ月近く冬が前倒しになっているようなものだそうで、冬の準備に追われているようでした。

[ 2010/10/27 14:56 ] 日記 日常のつぶやき | TB(0) | CM(0)

のっちと続・アマゾン限定BD「アイアンマン2」の悲劇

「顧客の事を最優先に」by のっち
パッケージソフトが売れないのはもしかするとこう言う部分にも原因が。

昨日の続きなんですが、その後に調べて見た所、諸々と分かったことがあります。
「アイアンマン2」のアマゾン限定BD版スチールブックについて。
アマゾンの同商品の説明書きにはサイズの注意書きがあり、なんと背ラベルにはDVDのマークが付いているとのこと。
いや、中に入っているのがBlu-rayなのに、肝心のケースの表記がDVDとはこれ如何に?
img5253
img5257
明らかに何かがおかしい。

のっちとアマゾン限定BD「アイアンマン2」の悲劇(?)

「DVDにはDVD、BDにはBDのサイズがある」by のっち
デジブックも含め、BDサイズで起こして欲しいものです。

今日、待ちに待った「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と「アイアンマン2」のBDが届きました。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は僕が映画に再度のめり込むきっかけとなった作品。
「アイアンマン2」はIMAXで上映していたのですが、諸事情から観に行くことが出来なかった作品です。
いずれ観ることを楽しみにしつつ、一先ずは棚に並べておこうと思った時にふと違和感が。
img5238

のっちと「七人の侍」クライテリオン版

「雰囲気を楽しむか、映像を楽しむか」by のっち
古い映画に必ずつきまとう問題です。


国内盤の高画質BD登場から約1年。
かの有名なクライテリオンからも「七人の侍」が登場しました。
ただしこのBDは海外盤なので、個人輸入をするか、海外盤を取り扱っているショップ等に頼まなければ手に入れることが出来ません。そういった意味では少々敷居の高いパッケージかもしれません。
ただそれだけの苦労を重ねる価値はあると思います。

のっちとアバター特別編

「あの世界を深く知るには必須の内容」by のっち
隙が無いほどに情報密度が高められていきます。

ようやくチケットが取れたので観に行ってきました、『アバター特別編 IMAX-3D版』
上映が始まったのは先週でしたが、まったくチケットが取れず(正確にはお気に入りの席が取れず)、ずっとヤキモキしていたので、ようやっとですよ。
今回で同作を劇場鑑賞するのは4回目。BDで見た回数を含めると二桁に達します。
しかしBDはあくまでも2D版。3Dで観ることを前提に作ってある『アバター』は3Dで観てこそ楽しめると言うことです。
既に家庭劇場での3D鑑賞を実現する機材はそろいつつありますが、IMAX並みの超大型スクリーンは早々、導入できる物では無いですからね。

のっちとATOK Padのその後

「組み込んでこそ意味がある」by のっち
アプリ単体では、限界があります。

iPhone用のアプリとしてATOK Padが9/21に登場し、1ヶ月ほどの時間が経過しました。
当初は大喜びでパチパチと文章を打ち込んでいましたが、だんだんと使いにくさが際立ってきました。
やはりATOKはシステム標準のIMEとして組み込んでこそ移植を発揮する物であり、ネタとしての要素が大きいiPhoneのIMEでは限界があります。
かつてのDOS時代のATOKはトンでもないアクロバティックな方法で組み込まれていましたが、iPhoneでもなにか方法は無いものか。

のっちとネット通販サイトの実情

「日本法人アマゾンジャパン(Amazon.co.jp)は、~~「販売しているわけではない」。」by ichijo.nori
この事実は言われなければ気づきません。

電子書籍に関する日記を書いている最中に、たまたまツイッターのTL(Time Line)に流れてきたネタです。
それがこちら( http://site-ichijo.net/blog/archives/date/2010/1011-231855.php )の記事。
脱アマゾンを掲げている記事です。
内容を読み解いていくと納得出来る部分があり、あのニュースのその後はそうなっていたのかと理解出来ます。
正直、この記事で指摘されるまで僕もアマゾンの裏事情は知りませんでした。

のっちと電子書籍化の考察

「問題は価格と品質低下」by のっち
手軽であるが故の問題ですね。

昨日の雑誌の電子書籍化について書いてから、悶々している事があります。
それが「自分の本を電子書籍化したらどうなるか」というもの。
iPhone/iPadのヒットに引き続き、GALAPAGOSの登場、そして次はスレート型PCやスマートフォンの台頭と。
時代の流れは間違いなく、省資源ローコストを主軸にデジタル化へと突き進んでいるわけです。

[ 2010/10/19 23:32 ] 同人活動 | TB(0) | CM(0)

のっちとAV Review 最新号

「電子書籍が抱える矛盾」by のっち
おまけで数を稼ごうとする雑誌にとっては特に痛いかも。

毎月読んでいる雑誌の中に、音元出版発行の「AV Review( http://www.phileweb.com/editor/av-review/ )」があります。
内容はオーディオとホームシアター関連の記事が主体。僕が最も古くから親しんでいる情報誌です。
かつては長岡鉄男氏という、有名すぎるほど有名なオーディオ評論家が記事を書いており、現在でも同じ意志を受け継いだ方が執筆を続けています。
最近では誌面がB5からA4へと大きくなり、見やすくなりました。

のっちと現用プロジェクターの限界点

「陰翳礼讃」by 谷崎潤一郎
ブラウン管が退いた事による弊害は、黒野表現域が狭くなったこと。

先日、BDプレーヤーやAVアンプ周りの電源関係を弄ったことで、ホームシアター全体の再生品質が上がったのは既にお伝えしたとおり。
プロジェクターの電源が繋がっている壁コンセントに、オーディオリプラスのコンセントパワープレートを繋げた時ほどの効果ではないのですが、明らかに品質は向上しています。
特に映画のBDを再生した時にその効果が著しく、PS3に比べ少し甘さのあったBDP-LX90の映像表現がシャープになりました
「アバター」冒頭、宇宙船の中の奥行き感などは特筆ものです。

のっちとかな文字入力

「いつかは入力出来るようになるのだろうか」by のっち
現段階では指が動かずにとても苦労しています。

先日の日記に触発されて、毎日30分の練習をしています。かな入力の。
使用しているソフトは美佳タイプで、かな入力専用の物をダウンロード。
1日30分を目処にかな文字入力に慣れる練習をしています。
ホームポジションとも言うべき、下から2段目の配列になれるだけもかなり大変で、間違いだらけ。
こんなんで本当に慣れることが出来るのでしょうか。

FC2カウンター
月別アーカイブ
01  08  06  05  04  03  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  01  12  11  10  09 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。