FC2ブログ

真っ直線で行こう!

アニメと映画とホームシアターを愛する「のっち」の日々徒然。
真っ直線で行こう! TOP  >  日記 >  のっちとサークルの今後の計画

のっちとサークルの今後の計画

    「弊社での委託販売をご検討頂きまして、誠にありがとうございます」(From 虎の穴)
    以上に対応が早いというか。ちょっとビックリしました。

    相手の都合を考慮して連絡を取らなければならない電話に対して、相手の本意で見られるメールはとても便利です。
    加えてその反応のレスポンスが早いとなれば、自然に対応の良さというか、印象は変わりますね。
    どうも虎の穴というと男性向け中心で、それがコミケの3日目のイメージと重なり余り良い印象は持っていなかった(けれど決して悪い印象を持っているわけでもありません)けど、大分イメージは変わりましたねぇ。
    こういうちょっとした対応一つ一つが、イメージを作っていくんだなぁと。



    ま、それはそれとして。
    今回の本についてはいつまで在庫を抱えるわけにも行かないし、ぶっちゃけ早く今回の分を裁いて次の印刷代を捻出しないと夏がキツくなるわけです。
    なにしろ前回のリリマジ分で赤字になっているので、そのぶんの埋め合わせもしないといけませんから。
    今回の分が全て捌けてようやく黒字になります。
    ま、先行投資で支払った印刷費にちょっと毛が生える程度の金額なんですけどね。

    書店の委託を頼むからには、当然のように受諾されるようお願いをしなければ。
    そして店頭に並べば多少なりとも今よりは人の目に触れる機会が増え、次の本の売り上げに繋げていければなぁとサークル運営者としては思うわけですよ。
    同人なのにそう言うシステムが確立しているのはちょっと複雑ではありますが、利用できる所は利用させていただきます。
    これでイベントへ出られない人にも本が届きやすくなるはずです。

    んで、一応受かっている夏の予定ですが、CCさくら本に関しては当初の予定と内容が変わります。出すかどうかもちょっと打ち合わせをしなければ。
    なのはの方は本命と目されるなのフェイ(もしくはフェイなの)が一冊。
    それからアリすずで一冊を考えていますが、果たして。
    特にアリすずは全編書き下ろしになるため、イラストの方が間に合うかが問題なのです。
    小説本の場合、小説が書き上がってからイラストをお願いするのが普通ですからね。

    Web拍手返信です。
    > 18:17「現場で判断するのは、小説だと難しい」>それ、俺も感じたわw
そう。そこが売る側としても一番もどかしい部分なんですよね。
    どうすれば、もっとたくさんの人に買って貰えるか。無料サンプルを配って、それを読んでもらってからとかの方が良いのかな。
    イラストが重要な事は今回の事でよく分かりましたので。
   
18時頃の方々
ありがとうございます。
    のうちらす工房は皆様の提供でお送りしています。ありがとうございます。

スポンサーサイト



[ 2008/06/16 11:55 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
月別アーカイブ
01  08  06  05  04  03  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  01  12  11  10  09