FC2ブログ

真っ直線で行こう!

アニメと映画とホームシアターを愛する「のっち」の日々徒然。
真っ直線で行こう! TOP  >  日記 >  のっちとFireFox 3 その2

のっちとFireFox 3 その2

「Tab Mix Plusへの依存度がこれほど高いとは…」(by のっち)
このアドオンが無くなった事で大幅に使い勝手が悪くなってしまいました。(^^ゞ

日本語非対応を含め、「Tab Mix Plus」の代替になりそうなアドオンを探しましたが、どれもしっくり来ず。
如何にこのアドオンに依存していたかが、改めて分かりました。
特にタブが増えすぎた時の挙動、タブバーが2段や3段になるや、マウスカーソルを当てたタブへ自動的に画面が切り替わるといった機能です。
またタブそのものを開く、閉じるなどの動作も全てこのアドオンの機能が支配的だったのですねぇ。



実はFireFox 3単体ではタブそのものの設定項目が驚くほど少ないんですよ。
タブブラウザを前面に押し出してはいる物の、その人に合わせたカスタマイズ性は実はアドオンに任せている部分が大きいんです。
僕が今までメインで使っていたOperaにしろ、Sleipnirにしろどちらのブラウザもマウスジェスチャーが標準で搭載されていましたが、FireFoxでは標準搭載されていないんです。3.0になってもそれは相変わらずです。
実際、画面上に配置されたアイコンを探すよりは、必要最小限のマウスジェスチャーを覚えてしまった方が、ネットダイブは快適なんですね。
僕の場合、使うのは進む、戻る、新しいタブを開く、タブを閉じるのほぼ4つくらいしか使う機会がありません。

Safariでは少ないかもしれませんが、サイドバーを開いてそこに情報を表示させながらネットダイビングを行う場合でも、ちょっと標準仕様のFireFoxでは物足りなかったりします。
そうしたタブやウインドウに関するアドオンをFireFox 2では大量にインストールして使っていました。
重かったのはそのせいもあるとは思いますが、リアルタイムにメモリーの使用量を見られるようにして使っていると、メモリー領域の消費の仕方がちょっとヘンでした。
実際に調べてみるとFireFox 2はその辺りに大きな欠陥を抱えていたようです。

3.0になってからはブラウザの中枢であるHTMLのレンダリングエンジンも新しくなり、大幅な速度アップが図られているのは昨日の日記の通り。
ただしメジャーバージョンアップになると言う事は、一部の仕様が新しくなり、今まで一緒に動作させていたアドオンも使えなくなると言うのがオチでした。
幸い、僕の使っているアドオンは全て3.0でも継続して使えるようです。唯一の例外が「Tab Mix Plus」だったと言うだけなんですが。
何とかして接ぎでも良いから「Tab Mix Plus」の変わりになるアドオンを見つけないと。
せっかく、ブラウザ単体の速度が速くなったのだから、使う方もより快適に使えるよう、セッティングを詰めていかないと、ね。

Web拍手返信です。
14時頃、17時頃、18時頃、21時頃の方々
ありがとうございます。
のうちらす工房は皆様の提供でお送りしています。ありがとうございます。

スポンサーサイト



[ 2008/06/20 11:56 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
月別アーカイブ
01  08  06  05  04  03  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  01  12  11  10  09