FC2ブログ

真っ直線で行こう!

アニメと映画とホームシアターを愛する「のっち」の日々徒然。
真っ直線で行こう! TOP  >  オタクライフ  >  アニメ >  のっちとBlu-rayヒットの謎

のっちとBlu-rayヒットの謎

「売れる理由が分からない」(by のっち)
最先端の感性にはもう付いていけないのだろうか。

番組の切り替え時期に合わせて、レコーダー内を整理
溜まっている番組をまとめて焼き、新番組の取捨選択を始めています。
ただ現状では中身をじっくりと吟味はせず、絶対好みには合わないだろうなぁと言う物だけバッサリと切っています。
ちょっと気になって溜めていたアニソン系の番組はバッサリカットしました。
最近のアニソンは好みに合わないのが多いので。

そんな中、しばらくレコーダーの中にそのままだった古い番組なども整理しました。「前回の」世にも奇妙な物語とか。(^。^;)
んで、見ていて不思議に思ったのが「化物語」。今更とか言うツッコミは無しの方向で。
編集などをしながら中身を確認したのですけど、これって確かBD売上の記録を一時期持っていた作品ですよね?
一応、「するがモンキー」までは終わったのですが、この作品がなぜそこまでヒットしたのか、その理由が見出せませんでした。

内容は新房昭之監督独特の演出が随所に散りばめられていますが、それを濾過してしまうと、誰もが目を見張るような突拍子もない作品ではありません。
むしろ言葉遊びの部分が非常に面白いので、映像よりは音声媒体+文字としての方が僕は楽しめるように思いました。
冒頭に吸血鬼のくだりが出てくるのはこの監督のお約束(月詠、ネギま!?、まりほりなどの諸々)ですし、過去作品のどこかで見た事のある演出がたっぷりと詰め込まれていました。
新房監督のファンの方にはとても楽しめる内容ですね。

パッケージソフトはいわゆるディレクターズカット版らしいですけど、購入してまで楽しもうという印象は受けませんでした。
んー、なのでそこまでヒットした理由が分からないんですよねぇ、どうしても。むしろ面白さを解説して貰いたい
ただこのディレクターズカット版を目当てとしてパッケージが売れたのなら、TV放送のアニメ作品としてはある意味では正統な当たり方だと思います。
そう言えばふと振り返ってみると、「この監督なら絶対に外さない」という方はTVアニメでは今のところ居ませんね。
かつて夢中になった方の新作を見たら外れだったり。逆に箸にも棒にもかからなかった方の新作が、思わぬスマッシュヒットになったり。
映画(アニメ含む)に比べると個性が固定されにくいのか知らん?

Web拍手・ブログ拍手返信です。
5時頃、8時頃の方々。
ありがとうございました。
のうちらす工房は皆様の提供でお送りしています。ありがとうございます。

スポンサーサイト



[ 2010/04/05 23:54 ] オタクライフ アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
月別アーカイブ
01  08  06  05  04  03  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  01  12  11  10  09