FC2ブログ

真っ直線で行こう!

アニメと映画とホームシアターを愛する「のっち」の日々徒然。
真っ直線で行こう! TOP  >  スポンサー広告 >  オーディオ・ホームシアター >  のっちとBS-hiのスターウォーズ放送

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

のっちとBS-hiのスターウォーズ放送

「バカにしてすみませんでした」(by のっち)
100%とまでは行きませんが、Ep.1のCGの描き込みの深さには敬服しました。

7/17よりBS-hiにて「スターウォーズ」シリーズの一挙放送が始まりました。
今回はエピソード順に物語を放送するのと合わせて、新しいマスターで放送するというのが、もっぱらの噂でした。
そしてつい先ほど、「Ep.1」を録画したBD-REを確認したのですが、その画質に驚愕しました。
以前にDVDで見たときには冒頭の宇宙船内での戦闘シーンは、如何にもCG臭い映像だったのですが、それが一変していました。
今回は何かが違う……。



今回のBS-hiでの放送は、元々放送の元となるマスターが違うとの情報が出ており、それが如実に出た結果だと思われます。
ここで言うマスターとは放送局で使うテープの事で、大元になるデジタルデータからダビングされたものです。
当然デジタルなので劣化はありませんが、放送ではビットレートの関係上、大元のデジタルデータよりも大幅に圧縮しなければなりません。
また大元のデジタルデータ自体から、テープへダビングする際も場合によっては圧縮が掛けられますから、必ずしも元と同じというわけではありません。
ちなみに放送波はBS-hiの場合24Mbpsの固定ビットレートですが、パッケージのBDとなると可変ビットデートで最大40Mbps程度になります。

上記の差があるので、パッケージとは質感が違うのは当然ですが、フルハイビジョンである分だけ、BS-hiの方が画質の点ではDVDより有利です。
尤もそうした放送波とDVDとの画質差が明確に現れるのは、40インチ以上の大型テレビからなので、それ以下では感じ取りにくいはずです。
また現在の放送はどう頑張っても、DVDの音質に追いつくのは難しいので、音質的な迫力を求められてしまうと、放送波は魅力が半減しますね。
送られて来た信号をリアルタイムに圧縮して、搬送波に載せなければならない放送に対し、時間を掛けて調整されたDVDの音質はそうそうに越えられる壁はないのです。

今回の場合は映像が圧倒的に違うので、録って残しておく価値は十分にあります。
以前体験した600万円のプロジェクター+1m10万円の映像ケーブル+160万円のDVDプレーヤーで体験したDVDの映像よりも、今回の放送波の方が上なのですから。
SD画質にまで圧縮されたDVDの映像を無理にアップコンバートするよりは、HD映像をそのまま出力する方が良い、好例ですね。
こうなると、かつてホームシアター最高の劇場体験をしている同作の「Ep.3」の画質がどれほどの物なのか楽しみです。

Web拍手・ブログ拍手返信です。
時頃の方々。
ありがとうございました。
のうちらす工房は皆様の提供でお送りしています。ありがとうございます。

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
月別アーカイブ
01  08  06  05  04  03  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  01  12  11  10  09 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。