FC2ブログ

真っ直線で行こう!

アニメと映画とホームシアターを愛する「のっち」の日々徒然。
真っ直線で行こう! TOP  >  スポンサー広告 >  日記  >  文具・サプライ品 >  のっちとダイソーのCDファイル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

のっちとダイソーのCDファイル

「弄るか弄らないかはあなた次第」(by のっち)
実際、長く使ってみないとどうなるかは分かりませんしね。

同人関連の話しが続いているので、ちょっと違う方向へ
今年に入ってからメインの録画媒体をBDレコーダーへ移行したことにより、録画ディスクのDVDとBDの混在が始まりました。
そのままでも良いのですが、より整理をし易くするために、A4版のバインダーに収納できるCDファイルを探してみたんです。
所が、意外な事にPC向けのサプライ品を製作している会社には、A4に比べ、幅がCD並みの12cm強しかないファイルがありましたが、文具会社からはA4版の幅、フルサイズのファイルはほとんど出ていませんでした。
例え販売されていてもエライ高いお値段で、PC向けサプライ品との価格差に愕然とします。



そこで代案はないかと探して見つけたのが、ダイソーが販売している同種のA4版CDファイルだったのです。
所がこれ、大きな欠点を抱えていることに、店頭在庫をすべて買い占めてきてから気が付きました。
それがこちら↓です。
124693899 
少々分かりにくいと思うのですが、CDの縁にファイルのカバー部分がちょっとしか引っかからず、すぐにディスク自体が脱落してしまうんです。
これは恐らく価格を抑える事に徹した弊害でしょう。生産の関係上、この形の方が大量に作るには向きますからね。

しかしこのままだとせっかくファイリングしても簡単にディスクが落ちるようになり、扱う方としては気が気ではありません。
同じようなコンセプトで、構造を大幅に改善した国産のファイルも存在するんですが、コストパフォーマンスの点では限界があります。
そこで改良を出来ないかと色々と物色した結果、出てきた物はこちら。
124693898 
いわゆるインデックス、索引を作成するためのシールです。
色分けがされていましたが、この形状が大事なので、色については気にしません。

そして改良を施したのがこちら。
124693897 
要は最も抜けやすくなる場所を、延長してディスクの脱落を防いでいるわけです。
各ファイルの出し入れ、ファイリングした後のページ送りにはちょっとしたコツが必要ですが、これならディスクは脱落せず、十分実用に耐える上、ダイソーの製品を使えるというコストパフォーマンスの良さも享受する事が出来ます。

思い付いてから3日ほどしか経っていませんが、万能性・実用性はかなり高そうです。< ドヤ顔

>Web拍手・ブログ拍手返信です。
13時頃、21時頃の方々。
ありがとうございました。
のうちらす工房は皆様の提供でお送りしています。ありがとうございます。

スポンサーサイト
[ 2010/07/30 23:57 ] 日記 文具・サプライ品 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
月別アーカイブ
01  08  06  05  04  03  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  01  12  11  10  09 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。