FC2ブログ

真っ直線で行こう!

アニメと映画とホームシアターを愛する「のっち」の日々徒然。
真っ直線で行こう! TOP  >  オーディオ・ホームシアター  >  Blu-ray Disc >  のっちと「バック・トゥ・ザ・フューチャー」BD-BOX

のっちと「バック・トゥ・ザ・フューチャー」BD-BOX

 

「こいつは事だ!」by ドク・エメット・ブラウン From 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
当時はドクのような科学者になりたいと思っていました。

予想外に早い登場となりました。
映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」3部作を収録したBD-BOXです。


img5288
DVD時代は特にこうしたドル箱とも言える作品は中々登場しませんでしたが、BDはポテンシャルが高いお陰か、比較的早い段階でカタログタイトル(旧作)が登場しています。
「インディ・ジョーンズ」シリーズや「スターウォーズ」シリーズも既にBD化の予定がありますし、ジェームズ・キャメロン監督の作品(特にアビス)も期待してしまいます。

僕が映画映像作品を好きになったのは、ベータテープに録画された「宇宙戦艦ヤマト」でしたが、その後諸々があり映画を嫌っている時期があったんです。
そんな時、最初に映画の面白さを改めて教えてくれたのが「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でした。
当時は映画館ではなく、自宅にあった50インチのリアプロジェクションテレビとLDプレーヤーによって再生された物でした。
トト様がホームシアターを夢見、英語音声、日本字幕のLDが中心だったため、物語をしっかりと理解するまでに時間が掛かりましたが、ディスクが傷付くほどに繰り返し見ていた覚えがあります。
なので「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の内容は良く覚えています。

BD-BOXの中身は昔からのファンをワクワクさせてくれる内容でした。
img5294
こちらはディスク側。
img5299
こちらはその裏側で、LDやDVD-BOXのジャケットデザインを覚えている方にはニヤッとさせられる物ですね。
まぁ、さすがにLDの表のジャケットデザインをそのまま採用することは難しかったようですけど。
個人的にはLDの表のジャケットをディスクに使って欲しかったですが。

内容をチラッと見た限りでは、記憶の中の映像に埋もれない高画質が期待出来そうです。
DVDでは一部に画質的な面で気になる所があり、じっくり見ることはありませんでした。
記憶の中の映像(特にLDで繰り返し見ていた時)と遜色のない、BDの画質はこの映画の面白さを改めて確認出来そうです。
そしてファンにとっては嬉しい、初収録の映像特典も収録していますから、今から見るのが楽しみです。

先日の日記で書いた「七人の侍」の例もあるように、BDのパッケージには今後ともかなり期待出来そうです。

Web拍手・ブログ拍手返信です。
11時頃の方々。
ありがとうございました。
のうちらす工房は皆様の提供でお送りしています。ありがとうございます。

スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
月別アーカイブ
01  08  06  05  04  03  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  01  12  11  10  09