FC2ブログ

真っ直線で行こう!

アニメと映画とホームシアターを愛する「のっち」の日々徒然。
真っ直線で行こう! TOP  >  日記  >  日常のつぶやき >  のっちと崩れたままの日常

のっちと崩れたままの日常

以前はあれだけ、毎日のように書いていた日記が、今は続かなくなりました。

あれだけネタを見つけることが出来ていたのが不思議です。
1つにはTwitterで心中を吐露してしまうことが多く、何かを訴えたいという部分がそちらへ発散されてしまっていること。
これはかなり大きくて、実際、mixiにはTwitterのTLのまとめをそのまま載せています。
流れとして繋がらない部分も多いでしょうが、自分の中の言葉を素直に表現しています。




またTwitterでフォローが増えてくると、TLの流速も上がり、脳が欲する情報が次々と流れてきます。
僕にとっては言わば刺激的な映画やアニメを浴び続けているような物で、これが続けば与えられる側に終始してしまいますね。
手を煩わせること無く、楽に脳への刺激を与えて、日々の欲求を満たしていることになりますから。
要するに、映画の鑑賞というよりは、テレビで流れている物をぼーっと眺めているようなそんな感じです。
ある意味、何もしなくて良いわけですから、楽であり、流されやすくなります。脊髄反射的な物に終始するというのは語弊があるかも知れませんが、流れてくる情報を自分の好みに合わせて区分けし、消費しているだけ、なんですよね。

それから当然のように、まだ震災の影響は心理的に残っていますし、社会的な無言の圧力というのもあります。
テレビが潰れてしまってからは、スクリーンを下ろして毎日テレビを映しているのですが、それが日常と非日常を地続きにしてしまっています。心理的な物として。
今まではスクリーンを下ろすのは週末か、映画を見る時で、そう言う時には当然のように気合いが入ります。
出来うる限り全ての空気窓を塞ぎ、電気から変換された空気エネルギーを、少しでも外へ逃がさないように努めます。でなければただでさえ変換効率の悪いスピーカーから発せられた空気エネルギー(振動=音)が勿体ないです。
そして出来る限り外光を防ぎ、こちらも電気から変換されたプロジェクターの光エネルギーを余すこと無く、受け止めようと考えます。
そうした気合いを入れた上で見ることが特別な時間を演出していたんですが、日常的にずっとスクリーンだと、非日常の映画もだんだん日常(=上下緩急の無い平板な物)化になってしまうので、それはちょっと。

またテレビやPC、ゲームと違い、ホームシアターは特に電気を食うため、それが世間の節電の風潮に逆らっているようで、徐々に心理的プレッシャーが溜まっていきます(基本的に自己主張より波風が立たないようにする人)。
これがまだエアコン、クーラーの類いだと、まだ必要性があり、節電に逆らってでも付ける必要性も増すとは思うのですが、プロジェクター+スクリーンにマルチチャンネルシステムでのテレビ視聴は、必要性とは違うレベルの物だなぁと。
かといって部屋の構成上、小さいテレビではバランスが取れず、気持ち的には中途半端になってしまいます。この辺りは最適なバランスがあるようで、一緒くたに大きなスクリーンだから良いというわけでも無いんですよね。
そう言った意味では自宅の部屋の広さは、マイナス面の方が多いような気もします。

ま、この辺りの詳しい部分は専用のブログでいずれ。

スポンサーサイト



[ 2011/08/05 02:56 ] 日記 日常のつぶやき | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
月別アーカイブ
01  08  06  05  04  03  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  01  12  11  10  09