FC2ブログ

真っ直線で行こう!

アニメと映画とホームシアターを愛する「のっち」の日々徒然。
真っ直線で行こう! TOP  >  オタクライフ  >  アキバニュース >  「アキハバラデパート」が55年の歴史に幕

「アキハバラデパート」が55年の歴史に幕

「アキハバラデパート」が55年の歴史に幕(アキバ経済新聞)
秋葉原ラジオ会館の1階にコトブキヤの新店舗が12月1日にオープン! 限定商品販売もアリ(ゲーム情報サイトeg)

最近の秋葉原の状況を代表する典型的な記事を並べてみました。

アキハバラデパートは、JR秋葉原駅と直結している、飲食店や書店などが入ったデパートです。1951年にオープンし、かれこれ55年の歴史を数えます。デパート前の広場でパラソルの元行われる実演販売は一つの名物となっています。

一方、コトブキヤはプラモデルやフィギュアを取り扱うホビーショップ。元々ラジオ会館の2階に店舗を構えていましたが、今回同ビルの1階、改札口の目と鼻の先にある一等地に新店舗をオープンさせました。

アキハバラデパートはかつての秋葉原の代表であり、コトブキヤの1階進出は今の秋葉原の象徴です。
かつては青果市場があり、電機街へと移行し、今はアニメやゲームと言った日本を代表するサブカルチャーの発信地になりつつあります。最も電気街になった時点から、旧アキバオタクの人たちがコンピューターやオーディオの商品購入や情報交換を、今のアニメやゲームの商品購入や情報交換と同じようにいたのですけど。対象が変わっただけと言うことですかね。

僕は両方の世代に関わっているので、ちょっと複雑な気持ちです。義務教育を受けている頃から通っていた電気街としての秋葉原と、今のサブカルチャーに溢れた秋葉原。どっちも好きなんですよね。結局、オタクが求めるもの、愛情注げるものは今も昔も変わりないのかな。

個人的にもう少し、かつての秋葉原的なコンピューターやオーディオへの注力も欲しいのですけど。

スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
月別アーカイブ
01  08  06  05  04  03  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  01  12  11  10  09