真っ直線で行こう!

アニメと映画とホームシアターを愛する「のっち」の日々徒然。
真っ直線で行こう! TOP  >  スポンサー広告 >  同人活動 >  今さらながら……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今さらながら……

 今さらながら、夏コミお疲れ様でした。
 気が付けばもうあれから2週間。自分の中では1週間ほどの感覚だったのですが、自分で思っていたよりもずっと現実の流れの時間は早く。何だか年を取ったなぁと感じた次第。
 それだけ夏コミに力を注いでいて、その後の放心が大きかったと言えなくもないですが。

 と言う事で、夏コミの報告と、その他関わりのある諸々のお話しをば。
 長いです。あしからず……。
 



 7月の終わりから8月の始めに掛けて、異常気象の影響か猛暑が続き、夏コミは2年前のあの暑い現場がまた再現されるのではと、戦々恐々しながら準備を整えていました。
 幸いなことに(かどうかは微妙ですが)僕が原稿を書く際に使っている部屋はエアコンがなく、卓上ファン2台とフェイシャルペーパー、もらい物の冷却スプレーで暑さを凌いでいたので、多少なりとも暑さに対する耐性は出来ていたようです。残念な事に家では父親がすぐ冷房を入れたがるので、あまり暑さに対する耐性を養える環境が作りづらいというのもあります。そう言った意味では、あの暑い夏の日にあの暑い部屋で原稿に向かえた事は幸いなのかなぁと。

IMG_4407

 そんなこんなで、今回の原稿の進みはかまり芳しくなく、当初の予定していた2分の1ほどのページ数(内容的には3分の1)で上げざるを得ませんでした。この点、楽しみにしていた読者の方々には申し訳なく思います。もう少し金銭的に余裕があれば、締切を延ばすことも出来たのですが、それが本誌の価格に跳ね返ってくることも考えると、あれが限度でした。改めて申し訳ない。

 一方、良くも悪くも予定の日取りで原稿が上がったので、夏コミに参加するための準備は、例年に比べじっくりと出来ました。
 サークル参加時に必要な部材の買い出しに、飲み物の用意。また今回は以前の夏コミ時に聞いた魔法瓶仕様の水筒も2本用意しました。こちらは実際に大活躍したので、詳細は別記事にて後日また。

IMG_4426

 さて、今回も御多分に洩れず、3日間連続の参加となりました。僕が参加するようになってからは全日程参加の皆勤賞です。雨の日も風の日も、雪の日も台風の日もめげずによく行ったなぁと思いますが、そのせいか、最近はそこまで新鮮味がないというか、油断することもしばしば。
 今回は1日目の出発時に雨が降っていた+1日を通して曇り予報だったこともあり、日焼け止めを忘れていったことが裏目に出ました。両腕と顔が日焼けして、1週間ほどヒリヒリした痛みに付き合うことに。現地に居る間は夢中で気が付かなかったのですが、帰ってきてみると真っ赤に焼けていて後々、お風呂に入るのに苦労しました。夏の外出は雨が降っていても、曇っていても日焼け対策を忘れてはいけないと肝に銘じました。特に僕のように日焼けで皮膚が黒くなりにくい(焼けると赤くなる)体質の人は要注意です。

【1日目】
 お目当ては魔法少女リリカルのはINNOCENTのドラマCD。作品自体が次世代(なのは→ヴィヴィオ)に移りつつある中、久々のオリジナル(第1期、第2期の子供の頃の)メンバーが登場するとあり、是非とも手に入れたいと思ったアイテムです。特に僕が一押しの月村すずかはStrikerS以降、ほとんど本編には登場してませんから。次世代とも言えるヴィヴィオたちのお話しも良いですけど、僕としてはPORTABLEやINNOCENTでアニメを作って欲しいなぁと思うのですけど、現状を鑑みるにアニメ自体が(興行的な意味で)難しいのかなぁとも思います。
 要するにそろそろ、小出しではない大きな燃料供給が欲しいなと思うのです。ファンとしては。

 閑話休題。

 以前、企業のなのはブース目当てで並んだ時は、ほぼ1日を費やした経験があり、今回もそれを覚悟して向かいました。案の定、最後尾が見つけにくく(あとで分かったのですが、列整理をしていたのはアルバイトらしきずぶの素人でした)、最後尾を見つけた時には2列でスロープを2往復半くらいの長さにまで列が伸びていました。以前に並んだ時は、西館そとの駐車場をグルりと取り囲むほどの長さにまで列が伸びていたので、「悪くても2~3時間で終わるだろう」と高をくくったのが運の尽き。レジの捌けがとかく悪いため、結局は4時間強も並ぶ羽目に。
 途中、前、隣に並んだ方達とお喋りしていたのでそれなりに暇は潰せましたが、(自分の事は棚に上げつつ)よくもまぁあれだけ礼儀正しく待つなぁと思います。しかも前に並んでいた2人は別の企業ブースへ並んでから、なのはブースへ来たというお話し。どうやら企業ブースを中心に回る人たちのようでしたが、企業は企業での回りやすい順番があるのかも知れません。隣に並んでいた女性に至っては、途中連れと思われる人と資金を融通しつつ(1人1限が掛かってる物は僕や前に並んでいた2人と分散して購入しつつ)も、トータルで25万円ほどを使っていて、自分とは世界が違うと思った次第。しかも並んでいる間の話しだと、なのはのスマホゲームで同じくらいの金額を溶かしたとか何とか。こう言う出資者の方たちのお陰で企業側は成り立っているのかと、ちょっと引いてしまったのはナイショ。
 4時間強を並んで、無事にドラマCDが購入でき(ウワサでは後に一般販売されるのでは?と言われてましたが)、お世話をし、お世話になった周りの同志(?)たちと別れ、既に撤収が進んでいると思われる東館へ向かいました。
 一番のお目当ては挨拶回り。1年でこの日にしか会えない(ネット上ではしょっちゅう言葉を交わしている)人と会える稀少な機会です。

 そとの連絡通路を使い、東館へ入った瞬間、「ああ。帰ってきた……!」と感動に思わずむせび泣きそうになったり。
 やはり僕にとってのコミケはたくさんのサークルがひしめくこの場所なのだと改めて感じました。
 あらゆる表現を受け入れるというコミケの理念から、企業が参加することは否定しませんが、あちらの商売っ気丸出し(買う側も売る側も)の感じはどうしても好きになれません。
 僕にとってのコミケは、プロもアマチュアも関係なく、自分の好きな物を好きなように吐き出せる、同人誌即売会なのだなぁと思ったのでした。

 既にとろけるカフェオレMAXコーヒーのお供えが定番化したてるうぃFavoriteTrick!)さんには、残念ながら会えず仕舞い。お土産のとろけるカフェオレとMAXコーヒーを、売り子の方に言伝と一緒に渡しておしまい。

IMG_4449

 続けてたむM.A.D WORKS)さんの所へ。以前にウチのサークルのお店番をお願いしたこともあり、Twitterでもお世話になっている方です。
 おジャ魔した時は既にのんびりまったりタイムだったようで、ちょっと長めの世間話しなど。前週までの暑さに比べればマシとは言え、やはり暑さがキツい事には変わりないと。何気にサークルスペース内にはづきちCappuccinoLaboratory)さんがいらっしゃったのがビックリでした。
 たまたまたむさんが使っていた携帯扇風機が良さそうだったのでパシャリ。帰ってからスペックを調べてみると自分が欲しいものに合致していたので、さすがのセレクトと感心しきり。来年の夏コミに向けて購入しておこうと思いました。

IMG_4451

 以上、他にも回りたいところはありましたが、翌日の準備等もあるため、1日目はこれにて終了。お疲れ様でした。

【2日目】
 2日目は別ジャンルとしてのサークル参加です。メインとなる作品はカードキャプターさくら。僕にとって魔法少女を受け入れるきっかけとなった特別な作品です。今回はスペースが頂けたので、勤しんでサークル参加。ただ、執筆速度の関係で今回は既刊のみ。次回参加する際にはしっかりと新刊を用意したいです。読者の方々にはその時までお待ち頂ければと申し訳なく思いつつの参加でした。
 しかし、その一方で買い子としてのお買い物はしっかりとする辺り、我ながらちゃっかりしてると反省する事しきり。
 予算が少ないのでいつも購入しているRPGカンパニー2さん、A-Animaさん、ギャンブラー倶楽部さんの新刊をそれぞれ購入しました。特にギャンブラー倶楽部さんは発足の頃から応援しているサークルさん。加えてここ数年音信不通の友人の分も毎回新刊を購入しているため、絶対に外せないサークルさんです。
 サクッと購入を済ませ、自サークルに戻り、売り子さんが代わりにサークル巡りへ。売り子さんは夜通しのライブ明けと言う事もだいぶお疲れのようでした。
 楽しいけれど、同時にキツい環境なのもまた夏コミ。無理をされては困るので、午前中でお帰りいただきました。お手伝い、ありがとうございました。

 その後はヒマを持て余しつつ(お誕生日席の島中の角配置の上、両隣りはCCさくら関連のサークルさんでは無く)、人の流れを観察していました。
 年々、外国の方を見掛けることが多くなり、多少なりとも英語は話せた方が良いのかなと薄ら思いつつ。原作関連のグッズが連発されるお陰か、CCさくら関連のサークルさんが増えたのは嬉しく思えました。あわよくば島一つ分を埋められるくらいに増えないかなぁと秘かに願ってもいます。
 版権の関係上、ご本家が伝家の宝刀たる再アニメ化は難しいでしょうけれど、出来れば再アニメ化して欲しいとも思います。製作スタッフや参加キャストについては各人、思う所があるでしょうが(個人的にはスタッフ、キャスト一新を希望)。
 閉会1時間前には撤収。これまで閉会の時間(16時)までは現地に居る事を信条としていましたけど、翌日の準備にちょっと不安があったこともあり、この日は早めにお暇しました。
 2日目はこれにて終了。お疲れ様でした。
 

【3日目】
 3日間の中で大本命。「のうちらす工房」でのサークル参加の日です。
 今回は薄いながらも新刊はバッチリ携行。各種の準備もしっかり整えられ、久々に心残りの少ない中でのサークル参加です。残念なのは、今までずっと売り子を務めてくれていた友人が居ないこと。数年前に実家へ引っ越し、携帯電話のキャリアを変えてしまったらしくここしばらくは音信不通です。「いずれ戻ってくる」とは言っていたけどいつになることやら。

 3日目は北乃ゆうひSun Set Beach)さんとカルナさんに売り子兼お手伝いをお願いしました。ただカルナさんに関しては、前日にいきなりDMが飛んできて急遽参加する事になったので、多くは期待していませんでした。と言うより直前に連絡をしてサークルチケットで入場するのは僕以上にちゃっかりしてるなぁと感じ、モヤモヤするものがありましたが。
 待ち合わせは現地にて。いつもは入場経路に従って、途中にあるマクドの周辺で待ち合わせをするのですが、今回は駅の改札を出て左側へ。そこがいわゆる待ち合わせ広場になっているのは恥ずかしながら初めて知ったのですが、東館へ向かうなら、そこからゆりかもめに沿って歩道を行く方が混雑していて居なくて良いです。西の入場口から回ると1階分を登って下りなければならず、荷物が多い場合は不便です。

 今回の配置は島のお誕生日席の横、島列の一番端のため、出入りにはし易い位置でした。周りを見渡すと、これまでのコミケやオンリーイベント(リリカルマジカル)で顔を合わせた事のある方がほとんどで、肩肘を張る必要は無くリラックスした雰囲気。人づてに話しを聞く限りでは、ここまでゆったりとコミケにサークル参加できるジャンルは少ないんだとか。これが「魔法少女リリカルなのは」という作品が10年以上続いた末の「繋がり」なのかも知れません。
 ポスタースタンドという新しい装備はあったものの準備は滞りなく終了。

IMG_4459psIMG_4458

 今回の新刊はこれまで表紙をお願いしていたさき千鈴iroiroiro)さんから代わり、紫乃紫笑顔波動!!)さんにお願いしました。ありがとうございます。m(_ _)m

 開幕後、僕は早速お買い物へ行くため、サークルのお店番は北乃さんにお任せ。カルナさんは案の定、各館の行き来が出来なくなる前に出発して行きました。もう少し売り子としてサークルのお店番をするとか、サークル入場する代わりの誠意を望みたい所ですが。ちょっとモヤモヤ。
 いつもは開幕時間まで自分のサークルスペースにて待っているのですけど、今回は北乃さんに長く売り子をお任せするのは忍びなく、開始5分前、各ホールの大通りが一般入場者の列で塞がれる前に、目的のホールへ移りました。
 お買い物はいつも購入している、特に重要なサークルさんが中心。予算を抑えているため、お買い物はいつになく早く終わりました。まぁ、サイクロンさんはいつものように長い列が出来ていて30分強掛かりましたが。(汗)

 サークルスペースへ戻った後は北乃さんとお喋りをしつつ、売り子に徹しました。事前にpixivで宣伝を行っていたお陰か、新刊が動いた数は予想より多め。ただ扱ったネタ(ふたなり18禁小説)がネタだけに、いつもの新刊の動きに比べると少なめ。覚悟はしていましたが、実際の数として提示されると気持ちは落ち込みます。ニッチな性癖なので、数を出すのは難しそうです。それでも自分が好きなものだから、今後も書き続けます。

 新刊の頒布数以外は比較的順調で、今回の夏コミはこのまま何ごともなく終わるかなぁと思っていた矢先、1つ困った事が発生
 どうやらお隣りのサークルのお手伝いの人らしいのですが、迷子の放送が中国語で行われた事に関連して、中国語に関する学習法や、海の向こうでの18禁作品の扱われ方について少々レクチャーを受けました。内容はそれなりに有意義なものでしたが、オタクの性質ゆえか話しが長い。1つの話しが終わっても、それに繋げる形で新しい話題が羅列され一向に終わる気配が見えません。コミケというお祭り会場ゆえ、気分が盛り上がっている事もあったのでしょうが、あれだけずっと喋られるとさすがに飽きてしまいます。あれがまだ互いの知識交換をするような楽しいお喋りなら良いのでしょうけれど、一方的に盛り上がられると。しかも机の向こう側ではなく、こちら側なので変に話しをぶった切ってお互いに気不味くなるのも……と思いつつ、適当に相づちを打つ事30分。ようやく話しが終わった時には15時を回っていました。
 まさか厄介な方が机のこちら側に居るとは思わず。横ですっかり寝てしまっていた北乃さんには申し訳なく思いました。まぁ、その後にお隣のサークルの、他の方の話しを小耳に挟んだ限りでは、どうもその長い話しをしていた人は元々配慮に欠ける(自分勝手な)人の様でしたが。要らない余計なオチが付いた気分でした。

 15時を過ぎたところで、僕はいつものように同じなのはジャンルの知り合いの方々に挨拶回りに出ました。時間も時間なので既に撤収されている方もチラホラ。
 開場前は準備でバタバタしてることが多く、僕はなるべく挨拶回りは人の流れが落ち着いた時間を狙っていくようにしているのですが、どちらが良いかは難しいところ。この日しか会えない方も居るので、タイミングを逃してしまうと「残念」の一言です。特に今回は久々に掘江弘己さんと話しが出来たので、余計にタイミングの難しさを実感しましたし。
 ある意味、互いの自分勝手な都合で動く場ですから仕方ないと言えば仕方ないのですが。
 さき千鈴さん、Nyxさん、キッドさん、ふうかさんといつもの面々に挨拶をして、帰ってくると15時半過ぎ。そこからのろのろと撤収作業をし、作業の途中で2度の拍手が起こり(1度目は迷子が見つかったとの放送)、無事に今回の夏コミはお開きとなりました。

 今回も無事に夏コミの閉会を迎えることが出来、参加された皆さま、お疲れ様でした。

 お手伝いいただいた、北乃さん、カルナさんには厚くお礼申し上げます。
 また新刊の表紙裏表紙を描いていただいた紫乃紫さんにも改めて、お礼申し上げます。ありがとうございました。

 幸いにして心配していたほど暑くなる事も無く、熱中症にかかる事も無く終えられてホッとしています。
 一方で、あれやこれやと考えたり、対策をしたり、直したりしなければならない事も見つかりました。執筆速度の事もそうですし、売り子さんの確保問題はしばらく続きそうです。こちらの世界を理解していて、なおかつ好きな物か、苦手なものが一緒。出来るだけ近場で連絡が取りやすく、時間にはキッチリしており、お金を預けても大丈夫。そしてコミケでのお買い物にはあまり執着しない人。そう言う6つの条件を満たす理想的(都合の良い)な売り子さんは中々居ないものです。
 また前々から言っていますが、サークルスペースで使っているやぐらがそろそろ限界なのと、より組み立てやすくすることも考慮して作り直す必要があります。今回の様なポスターを飾ることも考慮しないといけませんし、夏場の暑さ対策もまだまだ改良の余地があります。
 そう言った総合的な面を引っくるめて、まだまだ同人サークル活動は楽しめそうです。
 何分、自分勝手な世界ではありますが、今後ともお付き合いいただければ幸いです。

 改めて、今回の夏コミに関わった全ての方々、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

スポンサーサイト
[ 2015/08/31 23:00 ] 同人活動 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
月別アーカイブ
01  08  06  05  04  03  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  01  12  11  10  09 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。